読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hankyu blog

アウトプットが大事と聞いたので、勉強中メモを書いていこうと思います。仕事は.NET中心で、最近はWebの世界に足を突っ込み中。フォクすけくんかわいい。

私がRailsと仲良くなるまで

佐藤さんの記事を読んで便乗する形になってしまうのですが、 Railsをはじめた当初に感じてたことと通じるなーと思ってつらつら書いてみました。

circlearound.co.jp

最初にRailsでscaffoldしたときに感じたことは あまり大きな声では言えませんが正直に言うと、"怖い"です。
なんでかというと、何が起こっているかわからなかったからです… あと、あんまり自分で作っている実感がなかったので(笑)

その時点で、私ちゃんとこの子好きになれるのかなぁと心配になったのですが、
Railsの歴史やその理念を調べたり(LTしたよ!)、 一つ一つのコマンドの裏で何がつくられているのか、とか どんなSQLが発行されている、とか どんなルーティングでリクエストが生成されている、とかを色々知っていくうちに、
「裏でここまでやってくれてたんや……便利だなぁ、すごいなぁ」と感じることができました。
中の仕組みがわかると楽しくなってきたんですね。
(もともと、仕様とか仕組みが自分がわかるまで調べないと気が済まない…というのもあるのですが)

それは、もともと別のMVCフレームワークで開発していたり、SQLを書いたり、 通信やサーバ周りもプログラミングをしていて、 かつ、いろいろと掘り下げて調べていける時間があった(完全に趣味でやっていたので)から 「便利だなぁ、すごいなぁ」と感じることができたのだと思います。  

反対に、上記のような経験や時間がなかったら、 最初の"怖い"という感覚からなかなか抜け出せなかったかもしれません。

あ、今は楽しいですし、大好きですよ^^!

なにかとりとめのない文章になってしまいましたが(;・・)

以上が、私とRailsが仲良くなるまで、です。

ちなみに、今は初めて仕事でノーフレームワークでwebアプリケーションを作成しているのですが、 これはこれで一から全部自分で作れるので「私の考えた最強の…!」なノリで楽しんでいますヾ(o´ω`o)ノ